全体的に千葉産です

3.12

3.11日14時50分頃、東北地方太平洋沖地震発生、そのとき訓練校の授業中でした。横揺れを感じてすぐにおさまるだろうなーと思っていたのですがあまりにも長いのと段々と揺れが大きくなってきたのでドア開けてからやべぇやべぇと机の中に非難したり。

揺れが収まってから近くの公園に避難、その後縦揺れも感じて14階建てぐらいのビルが揺れるぐらいの強さだったり、でも新しめの建物だったので、柔らかく作って揺れの強さを逃がしてる構造にしてあるのかなーと思っていたり。電話メールはつながらないのでTwitterで情報確認、こういう時本当Twitter便利。家族とはTwitterでフォロワーにいるのでTwitterで連絡をとった。

揺れがある程度収まってからそのまま帰宅、駅に行くとシャターが降りて駅に入れない状態に、すぐ電車走るようになるかなーと心配していたら運航停止で泊まるとこ捜すことに。市役所のHP確認して避難場所に指定されている大学にいって非難させてもらって一夜を明かす。もうこの時点でスマートホンの充電が予備ともども切れる、使い過ぎたね。コンビニ行って充電器買ったけど気休めにしかならない。こんな時でも仕事している日本人はえらいな。東京方面から歩いて帰っている集団を目撃、集団というより終わりがない感じの。なんだか終末がやって来た感じで現実味がない。

12日、6時ぐらいに駅前行くと新京成は動いてたので途中まで乗る、気休め程度に充電されているようなされていないような携帯は必要最低限Twitterで自分の無事や簡単な今の状況をつぶやく、家族やらがフォロワーにいる自分はこんな時便利。JR動くまでスタバにいたけど途中からもう閉めちゃうからって追い出される、そりゃそうだ仕事してるほうがおかしい、がんばって!と心のなかで行ってからJR行くと動き出していた。

千葉まで行けたけどそれ以降の下りがまだ動いていなかったのでまた待ち状態。近くのヨドバシで携帯充電しようとしたけど長蛇の列が。。。。それとヨドバシさん通常営業すごいですね、というか仕事して通常に切り戻そうとしているのが凄い。とりあえず自分の心配が先だろうに他人の事を心配というか困らない人が出ないように~というかキチンと自分のできる役目を果たしてくれている人ばかりで地震が起きて家に帰れないけど「まぁなんとかなるかなー」て気分にさせてくれる、とても心強い。

実機展示されていたスマートホンで近くのドコモショップを捜す、マジ使い勝手良すぎて買い替えを考えたほど。でも電池の持ち変わんないみたいだからまだ当分いいかも。ドコモショップだと無料で充電させてもらえたのでありがたかった。フル充電させたかったけどあまりにも時間がかかりすぎるので途中で「こんなもんだろー」とそんな感じで。まだ下り電車動いてなかったのであまりお金使わないように図書館に行った。千葉の図書館立派過ぎワロウ。

2時間後ぐらいに連絡が来て車で迎えに来てくれたのでそれに乗って帰った。ねむい。

TVを見ていると現実味がない。本当に日本?これ?地震は体験したのでやばかったのは分かるけど、津波やら放射能漏れやらファンタジーの世界だけだと思っていた。画面上で見るそれは本当の事とは信じられないことばかりだけど、自分は困っていたときにキチンと仕事して出来ることをやって人の為に頑張っていた人たちみたいになりたいと思った。直接ボランティアをするというか自分の出来ることを精一杯。まずはいつもの日常と変りない生活に戻れるように努力しよう。