全体的に千葉産です

Gyazo-serverクローン「gyazo-s3」作った

みんな大好き車輪の再発明

@mitukiiiさんが作成したRailsのGyazoサーバー

https://github.com/mitukiii/gyazo-server

が「何これ最高じゃん」と使っていたんだけど、仕様上サーバーのファイルシステムそのままを使うので heroku使えないなーって思い新しく作ってみました。

リポジトリ

https://github.com/soramugi/gyazo-s3

サンプル

http://pic.soramugi.net

herokuで使う目的なのでS3で画像のホスト、設定ファイルはENV指定でオッケーです。 以下の手順で環境の構築が出来ます。

git clone git@github.com:soramugi/gyazo-s3.git
cd gyazo-s3
heroku create
heroku config:set SECRET_KEY_BASE=$(rake secret)
heroku config:set S3_BUCKET=S3_BUCKET
heroku config:set AWS_ACCESS_KEY_ID=AWS_ACCESS_KEY_ID
heroku config:set AWS_SECRET_ACCESS_KEY=AWS_SECRET_ACCESS_KEY
heroku config:set GYAZO_ID=$(cat ~/Library/Gyazo/id)
heroku config:set TITLE=GyazoS3
git push heroku master
heroku run rake db:migrate
heroku open

アップロードしたファイルの削除はcurlで

curl -X DELETE -d "id=$(cat ~/Library/Gyazo/id)" http://localhost:3000/20131020031935f52.jpg

既存のgyazoクライアントの設定ファイル、定数値を変更するだけでそのまま画像のキャプチャーが出来ます。

vi /Applications/Gyazo.app/Contents/Resources/script
1
2
HOST = 'hugehgue.herokuapp.com'
CGI = '/items'

ローカルに存在するファイルをアップロードする時はgistにあげてあるスクリプトを使います。

git clone https://gist.github.com/7821435.git
cd 7821435
vi gistfile1.rb

以下の値を設定

1
2
3
ID   = 'YOUR GYAZO ID'
HOST = 'YOUR HOST'
CGI  = '/items'
ruby gistfile1.rb ~/Downloads/hugehuge.png

ほとんど@mitukiiiのコードを応用しているので足を向けて寝られません。